ホテルへの自然な誘い方!「NO」と言わせない連れ込み方

  • 成功(性交)の鍵は下準備にある
  • ステップを踏むことで自然に誘うことができる
  • 具体的な誘い方&手順

デートの終着駅とも言えるラブホテル。デートの終わりはホテル(またはお持ち帰り)を目指すことになるが、どうやってラブホへ誘えばいいのかがわからない、どうやって切り出していいのかがわからない、という人は多いと思う。

ここでは、成功率(お持ち帰りの確率)を上げるラブホへの自然な誘い方の一例を具体例付きで紹介する。

誘う口実や誘い文句を覚えたところでそれをそのまま実践しても意味がない。まずは自然に誘うための関係を作ることから始めよう。この自然に誘える関係を作れるようになれば誘い文句や口実なんて何でもよくなる。

最後に具体的な誘い方も紹介しているので順番に読み進めて欲しい。

成功(性交)の鍵は下準備にある

ラブホへ誘う口実を用意したところで関係が築けていなければホテルに連れ込むことはできない。

誘ってみたものの「嫌ッ!」「無理無理!」となってしまえば今後の可能性も潰える。「やっぱり帰る」となってしまっては失敗だ。

いかに下準備(ラブホや自宅、相手の家に向かう前)の段階で二人の距離を縮められるかがお持ち帰りの成否を決めることになる。

断らせない関係を作る

大切なのは「NO」と言わせない関係を作ること。

二人の距離が縮まっていれば口実なんてなんでもいい。どんな誘い方をしても断られることはないだろう。

距離を縮める方法は色々あるが、会話やスキンシップからラブホに向かう前には「手を繋ぐ」ところまで持っていくのが理想だ。

今日会ったばっかだし・・・
まだお互いのことよく知らないし・・・

これは拒否ではなく迷っているだけ。こういった言葉が出ればあとは軽く背中を押してあげるだけでホテルインできる。

ただし、このいわゆるグダは慣れていないと臆してしまう人も多いと思う。一定のグダは論破できるようにグダ崩しなどはある程度頭に入れておくことをおすすめする。
参考:ホテル・セックス拒否を崩す!グダる女の攻略法!

仮に、頑なに断られる・拒否られるということであれば、まだ関係ができていない証拠と言える。

例外あり!出会い系で知り合った女性ならホテル直行も可

お持ち帰りを成功させるには関係を作ることが重要だが、当サイトでも紹介している出会い系サイトでの出会いと言うのはある意味で特殊だ。

これは出会い系サイトがセフレ作りにおすすめな理由でもお伝えしている通り、出会い系は体目的や単純にヤリ目で使っている女性も多いため、会う前のメールの段階で盛り上がっていれば、そのままラブホ直行もありだ。

会う前に下ネタを話していたり、絶対にヤレるという手応えを掴めているのであれば、出会ってすぐにホテル直行もいいだろう。ただし、いきなりは誘いづらいということであれば食事を間に挟むことで打ち解けやすく、その後のエッチも楽しめることは多い。


後ほど詳しく解説しているが、基本的には触れ合える程度の関係(スキンシップや手繋ぎ)ができていれば普通に「ホテル行こっか」「休憩してこっか」で決まる。

何にしてもこの関係や雰囲気作りができていないとどんな誘い方をしても成功率は下がってしまうので誘い方・口実云々(うんぬん)よりも、まずはその前段階の関係作りを重視することをおすすめする。

具体的なホテルへの誘い方・手順

これまでにお伝えしてきた通り、重要なのは直前の誘い方ではなく、その前段階、ホテルに向かう前の時間とも言える。

そのため、まずは関係を深めることが重要だ。

会話で盛り上がったり、スキンシップを取り入れることでグッと距離を近づけることができる。ホテルの前に食事をするのであればスキンシップが取りやすいお店を選ぶのも一つ。距離を縮め、お店を出るまでに手を繋げるような関係性を作っておくことだ。

ラブホへの誘導はある意味でデートのプラン、待ち合わせ場所選びから始まっている。

初デートの食事場所の決め方は「出会い系の食事場所の決め方!距離を縮めるお店選び・席選びのコツ」で、お持ち帰りまでを想定した待ち合わせ場所の選び方は「狙うは初デートでセックス!出会い系初デートにおすすめの待ち合わせ場所と選び方」で詳しく解説しているのでこの二つを頭に入れつつ、「出会い系で知り合った女性と初デートでヤるためのデートプラン」を参考にデートの場所を考えてみるといいだろう。

それでは、地の利(お店や席の効果)を得た上で、どうやって関係を詰めていくのか、具体的な関係の築き方を紹介する。

まずは会話から!打ち解け合い、スキンシップが取れる関係を作る

「抱かれたい」「抱かれてもいい」女性にそう思わせるにはまずは打ち解け合うことが大切になる。その最初のステップは会話、コミュニケーションだ。

会話や態度で心を開いてもらい、スキンシップでさらに距離を詰めていこう。

会話と言ってもその流れは大切で、基本的には簡単な日常会話から入り、恋愛トーク、可能であれば下ネタなどエロトークへと徐々にディープな話に進めていくのが理想だ。

恋愛トークやエロトークでお互いのことを意識し合い、気分を高めておけばお持ち帰りは容易くなる。

(私はよく使うが)会話も会っていきなり下ネタは基本的にはせず、まずは日常会話や恋愛トークから入り、頃合いを見計らってエロトークに持ち込むのが無難だ。

例えば、流れとしてはこんな具合。

  1. 今日は何してた?
  2. 休みの日は何してるの?
  3. 彼氏はいないの?
  4. どれくらいいないの?
  5. 作らないの?
  6. 夏だし(冬だし)人肌恋しくならない?
  7. ご無沙汰?

といっても想定通りにいかないのが会話、コミュニケーションなので、大方の流れを意識しながら、恋愛や下ネタに移行できないかを考えながら会話を組み立てていくといいだろう。

日常会話から恋愛トークへ、そしてエロトークへ繋げる会話術は「日常会話から恋愛話やエロトークへ持っていく方法」で紹介しているのでそちらも参考にしてみてほしい。

また、日常会話のネタがない、そもそも何を話していいのかわからないという方は「メール・LINE・電話の話題・会話ネタに困った時に使えるカンペ」を参考にするといいだろう。

どんな会話をするにしても恋愛トークや下ネタトークへの糸口は常に意識しながら話を誘導するのが大切だ。その準備はしておこう。

誘うタイミングや時間

会話が弾み、打ち解けてきた。ではいつ誘うのか。この具体的なタイミングなどについても先に触れておこう。

まず初めに伝えたいこととしては「いける!」と思ったら誘ってみる、これは心得ておいてほしい。

そのため、食事中でもいいし、お店を出た後、二軒目でもどこでもいい。お持ち帰りを目的にしたり、セフレ化を目指しているならモタモタしないに越したことはないので可能な限りは早め早めに動くと良いだろう。

特にタイミングや時間という決まりはないが、食事に行くならお酒を飲んで、話をして、ひと段落したところで一度は打診してみるといいだろう。

一番楽なのはこのひと段落して「次どうする?」となったときだ。

「ゆっくりしたいね」「もう少し一緒に過ごしたいね」「飲み直そう」と次の約束をした上でお店を後にしてギラついたり、お店を出る前にホテルの約束をしてしまうのがいいだろう。

一回目は断られても、ジャブを売っておくことで次が決まりやすくもなるので早めにジャブを打ち、最後はギラつくのがおすすめだ。

スキンシップを取る方法

次に、ある程度打ち解けてきた段階で取り入れたいのがスキンシップだ。スキンシップは触れたり、触れられたりすることで相手を意識したり、その他相手の反応を確かめることができるので軽度なスキンシップからお店を出る頃(または出た後)までには手繋ぎまで行ける関係を作っておくのが理想だ。

スキンシップにも段階があり、大きく分ければ、触れる、触る、握る(繋ぐ)があると思っている。

触れる(一瞬のタッチ)から、触る(数秒のタッチ)へ、そしてお互いを意識した握るへと徐々にステップを踏んでいくことだ。

スキンシップについては別途詳細に解説した記事(実例付!初デートで女性に触れる!自然にスキンシップを取る方法)があるのでそちらを読んでほしいが、簡単に取り入れられるスキンシップとしては

立ち位置を変える
例:隣通しで歩いているときに「こっちの方がしっくりくるんだよね」と背中をタッチしながら場所変更。

指や手を意識させて触る
例:「手小さいね」「指細いね」「アクセかわいいね」「ネイル綺麗だね」と手や指を意識させた上で「見せて」と手を取る。

などがあるので食事中や外を歩いているときなどチャンスがあれば積極的にスキンシップを図っていくといいだろう。

ホテル連れ込み前に手を繋ぐ・手を握る

特にお店を出た後の手繋ぎは相手の反応を知ることができ、おすすめだ。うまく手を握り、振りほどかれなければ、ほとんど成功と言ってもいいだろう。

・・・と言ってもどうやって手を繋いだらいいのか、キッカケの作り方に悩む人は多いと思う。方法は色々あるがだいたい以下の3つだろう。

  1. タイミングを見計らって手を取る
  2. 適当な理由をつけて手を握る
  3. 無理矢理(いきなり)手を繋ぐ
タイミングを見計らって手を取る

例えば、お店を出るときに「行くよ!」と手を取ってみたり、エレベーターに乗るときや出るとき、階段を下りる時などに手を差し出してみるといいだろう。

二人の距離が近づいていれば素直に手を取ってくれるはずだ。

適当な理由をつけて手を握る

タイミングを逃した場合やキッカケがなかなか掴めないときは適当な話で手を握る口実を作るのがおすすめ。

例えば、恋愛・恋人の話なんかをしているときに・・・

男:デート中は手とか繋ぐの?
女:うん。
男:どんな風に繋ぐの?

と言った具合に手を差し出せば自然に手を取る理由ができる。話の流れから手を握っただけという前提があるので最も自然と言えるだろう。

無理矢理(いきなり)手を取る

そのままの意味だが、何の脈絡もなしに突然手を握る。タイミングが掴めないのであればこれしかない。

ただし、あまり関係が築けていないのに変なタイミングで手を握ると相手の不信感は増すだけなので本当はあまりやらない方がいい。できるだけポイント2のように会話から誘導するのがおすすめ。

手を繋げたら一度ギュッと握ってみる

手を繋ぐことができたら一度強め(痛くない程度)に強く握ってみる。ここで相手の女性も握り返してきたら脈ありだ。これは女性のOKサインとも言われているので、握り返されたら心の中でガッツポーズしていいだろう。


手を繋げていなくてもホテルへ誘うことはできる。しかし、手を繋げば相手の心理状態を知ることができたり、何より断りにくい雰囲気を作れる。そのため、なるべくホテルに向かう前に手繋ぎまで持っていけるようにしたいところだ。

手を繋ぐところまでできれば、そのまま手を引きラブホに向かうのも良し、普通に「ホテル行こ」と直球で誘ってもいいだろう。

もし、その前の関係を作ることがまだできていないという方は関係を作るためのお店選びなどを参考にするといいだろう。

要は段階・ステップがあるのでそれを一つずつ越えていくことが結果として自然な誘い方に繋がるということ。どれかを飛び越えるとその分不自然さやギコちなさが生まれる。なるべくは自然に誘えるように立ち回り、ステップを踏んで行くといいだろう。

ただし、無理なら無理でダメ元でアタックするくらいの気持ちを持つことは大切だ。

最後の一押し!具体的な誘い文句

二人の関係や状況によって使える口実、誘い方は変わるが、一般的に使いやすいと言う意味でおすすめの口実は以下だ。

ストレートに誘うなら
「楽しかったし、今日はずっと一緒にいたい」
「今日は帰りたくない、二人でゆっくりしよ」
「ストレートに言うけど、○○ちゃんを抱きたい」
「ちょっと休んでいこう!」
「朝まで一緒にいよう!」
「ホテル行こう!」
変化球的に誘うなら
「少し散歩しよっか」とラブホ街に向かって歩く
「添い寝したい」
「キスしていい?」「こんなとこじゃダメだよな」「ホテルいこっか」
まだ難しいと感じたのであれば
「もう一軒行こう」
「飲み直そう」

など次のお店にかけてみるのもいいだろう。


これはよくある誘い文句だが、こういったよくある誘い文句が誘うのには一番使いやすい。

先にもお伝えした通り、関係さえできていればこの中のどんな誘い方をしても基本的には断られることは少ないので、勇気を出してしっかりと誘ってみて欲しい。

相手から誘ってくれるのを待つなんて女々しいことに期待はせず、男らしく誘ってみることだ。このひと声がかけれるかけられないか帰る場所が二人でホテルか、一人で自宅に変わると言ってもいいだろう。

応用編:昼にラブホへ誘う方法

意外と困っている人が多いのが昼に会って、まだ明るいうちにホテルへ誘うケースだと思う。

昼は辺りがまだ明るいこともあってホテルに誘いにくい、または、どう誘っていいのかがわからないという人も多いが、誘い方としては先にアウト(出口)を潰していくのがおすすめだ。

19時から仕事(用事)があるからそれまでになっちゃうけど一緒に過ごさない?

と夕方や夜から仕事があることを伝え、夜まで時間がないことを意識させておく。その上で、ホテルに誘うのも有効だ。時間がないとわかれば「まだ明るいし」「お昼だし」なんていうグダも潰しておくことができる。

誘い方としては先にもお伝えした通りだ。ストレートに誘ったり、冗談交じりに誘ったり、二人の関係性に応じて適切な誘い方をするといいだろう。

昼は少しムードを作りにくいところはあるが、先にもお伝えしたように会話やスキンシップで距離を詰めておけば、昼からでも誘えばホテルへ連れ込むことはできる。

と言っても人によってはストレートに誘うのが苦手な場合もあると思うので「ゆっくりしたいね」と誘ったり、「どこで?」となれば「カラオケとか、ダーツとか、映画見たり、なんてどう?」「カラオケとかダーツとか、足湯なんかもある総合エンターテイメント施設なんてどう?」と前置きをした上で「ラブホなんだけどね。笑」と冗談交じりに誘ってみるのも照れ隠しとしてはおすすめだ。

そもそもの話、付き合ったら昼でも夜でも関係なくセックスをするわけなので、セックスと夜は必ずしも結びつかない。むしろ、人妻をセフレにした場合などは会うとなれば昼間になることも多い。

応用編:人妻をラブホへ誘う方法

人妻というと旦那がいて、バレると色々とまずい関係で誘うのを躊躇してしまう人もいると思うが基本的には誘い方は同じだ。

「つい出来心で・・・」という体(てい)の言い訳を作るなら酔った勢いを使ってしまいたいところだが、人妻が夫以外の男性と二人きりで食事をしている時点である意味不倫や浮気みたいなもので、会えている時点でほぼほぼOKをもらっているようなもので普通に誘ってしまえばいい。

ある意味で人妻は二人で会うことができれば大方相手もその気で会っていると考えてもいい。

「もう少し一緒にいよう」など普段旦那に相手にされていないであろう寂しさを埋めてあげるといいだろう。

人妻を誘う時の注意点

基本的にセフレ関係になれば都合を合わせて会うことになるが、初めて会った日にラブホへ誘う場合に人妻が時間を気にしているようなときは無理はしない方がいい。

人妻には旦那がいて、家庭がある。そのため、予定を押してまでホテルには連れ込まず、難しい時は次会う約束をして別れるのが鉄則だ。

こうやって、家庭を壊さない、自分は一番じゃなくてもいい、そんな態度を取るのも人妻と今後いい関係を続けるコツでもある。

また、一番じゃなくてもいい、既婚者がいる上で付き合ってほしいとあくまでも不倫相手(セフレ)として割り切って付き合ってもらうように提案すれば、意外とすんなりOKをもらうことができる。こうなればこちらとしても都合のいいセフレとしてキープができる。

先にもお伝えしたように、人妻は夫に隠れて会う女性が多いため、昼会うことも多くなるため、昼にホテルに誘えるように準備したり、昼でも普通にホテルに誘っていいことの裏付けになるはずだ。

最後は勇気と度胸

このように女性をラブホや自宅へ連れ込みやすくするテクニックはある。しかし、100%上手くいく方法はない。また、最終的には勇気を出して誘うことが何よりも大切になる。

オドオドせず選択肢を与えないように言い切ってしまえばいい。

正直なところ「2人だけで会っている」この時点で女性もある程度の覚悟はできている。出会いのキッカケが出会い系なら尚更だ。

後はラブホに入るための口実や言い訳が欲しいだけ。なかなかその一言を言葉にできないからこそ、自然に誘うために少しずつ口実を作っていくというわけだ。

とにかく小細工なしに「いける!」少しでもそう思えたらビビらず誘ってみる。そうやって失敗しながら成功率を高めていけばいくといいだろう。

あまり一人に時間をかけないためにも初デートでセックスを目標にして、とにかくアタックしてみることをおすすめする。

まとめ

  1. 「NO」と言わせない関係を作る
  2. ラブホに向かうまでに手を繋ぐ
  3. 適当な理由・口実で背中を押す

ラブホへの誘い方は基本的にこれだけだ。
1から順番にクリアしていくことでより自然な誘い方ができるようになる。

このページの先頭へ