何回目かは関係ない!初デートでエッチを狙う理由とその方法

  • 世間一般の貞操観念は関係ない
  • 何回目でもできるように初回から準備して動く
  • 初デートでエッチするためのプラン

何回目のデートでエッチするのか?◯回目では早いのか?出会ってからエッチするまでの期間についての女性のホンネと初デートからエッチを狙うべき理由と方法を紹介します。

これはセフレ作りを前提にした上での初デート(出会い系で出会った女性との初デート)の考え方ですが、なかなか次のステップに移れない人にとっても参考になるはずです。

世間一般の貞操観念って何?

世間的に初対面でのセックスはよくないという風潮がありますが現実はそうでもありません。例えば、オズモールが行った調査で以下のようなリサーチ結果が出ています。

出会って何回目でエッチOK?

何回目のデートでエッチする?アンケート

参照:出会って何回目でエッチOK?恋&Hのホンネ

1回:14%
2〜3回:30%
4〜5回:18%

初デートでエッチは全体の14%、1〜3回までが44%となっています。

ただ、正直なところこんなデータはどうでもいい・・・というよりあまり意味がないです。

そもそも当サイトで紹介しているようなセフレ作りで言えば、出会う女性は「軽く見られたくない」と思っている人自体が少なく、簡単に初デートで体の関係を持てます(体感的にも出会えれば8割方体の関係を持てています)。

そうでなくてもアンケート結果を見てみればわかる通り回答はバラバラ・・・。人によっては「好きになったら回数は関係ない」とか「軽く見られたくない」とか色々です。当たり前ですが人によって違います。

別のアンケート結果(参照:セックス観が結婚に与える影響)を見てみても「男女ともに回数ではない」という答えが1位になっています。世間的な貞操を守るために体裁として3回という都合のいい回数があるようですが、結局はキッカケやタイミングがあれば回数は関係ないと思っている人が多いということです。

結局のところは人によって違うので何回目でエッチをするのかを考えても意味がないです。だとすれば、男ができるのはいつでもヤレるように準備しておくことですね。雰囲気を作るのはある意味男の仕事。そのため、基本的には初回から落とすつもりで動くべきです。

回数ではなく常に初回から落とすつもりで動く

男性であれば常に1回目のデート(初デート)から女性をその気にさせられるように動くべきです。最終的にその日のうちにするしないは別にしてもできる雰囲気に持っていくことに損はありません。そのため、最初のデート、初対面からエッチを狙うべきです。

「タイミングが合えば・・・」なんて甘い考えでいると機会はなかなか訪れず、タイミングを失い、チャンスはズルズルズルズル後退して、結果「何回目のデートでエッチすればいいんだろう?」という思考に陥ります。

「何回目でするんだろう?」ではなく、常に初回から落とすつもりでタイミングを待つのではなく作るように動くべきです。

「1回目は様子見して2回目から本気出す」そんな弱気なことを言っていてはゴールに辿り着けません。それは様子見ではなく、ただビビっているだけではないでしょうか?

準備をしっかり行い、初回デートでセックスができるように上手く立ち回るようにするべきです。わざと後ろにズラすならともかく、初デートで男の方が準備ができていないなんてことは残念過ぎます。

初デートでセックスするには女性との距離を縮める必要があり、ある意味でそれなりに女性を満足させなければいけないと考えれば、女性のために一生懸命になるのは女性にとっても悪いことではないはずです。

最低でも三回目までにヤる

初デートでお持ち帰りするための戦略で動くことは当然として、上手くいかない場合や難しい時もあります。そんな時は無理矢理攻めても今後のチャンスを失うだけなので状況に応じて2〜3回目までは延長戦(サドンデス)とするのはありです。

粘って粘って3回目でもセックスに辿り着けなかった場合は素直に諦めた方がいいです。

三回以上は追いかけない理由

単純な話で

  1. 新しい出会いを求めた方が早い
  2. 友達認定されたら最悪

これだけです。

新しい出会いを求めた方が早い

例えば、5回以上デートを重ねて初セックスなら新しい女性にアプローチして、初デートでセックスを狙った方が早い場合が多いです。彼女を作ろうと思っているなら一人に入れ込むのもいいですが、そうでなければ時間をかけ過ぎです。次の女性を探した方が早いです。

これ以上粘ってもいつできるかわからないし、お金も時間も無駄にしてしまいかねません。

一人の女性に時間をかけるなら何人もの女性にアプローチをかけ、初デートでエッチを成功させて、経験と自信を積んでいった方が後々のためにもなり、色々な女性とエッチを楽しむこともできます。

なんだかんだ言っても初回のセックスが一番盛り上がるので一人の女性にこだわり過ぎず複数の女性にアプローチをかけていくことをおすすめします。

友達認定されたら最悪

一番避けたいのが友達認定され、友達フォルダに入れられてしまうことです。要は都合のいい男になってしまうこと。言葉が古いですがメッシーくんになってはダメです。デート代・食事代は払っているのにやらせてくれません。


なんとなくエッチは3回目以降とか5回目以降のデートと思っている方も多いですが、この考え方ではセフレ作りは難しくなります。

どうしても一人の女性に入れ込んでしまう人は多いですが出会い系サイトには腐るほど出会いが溢れています。彼女を作るわけではないので3回を限度と考えてそれまでに落とす、初回で落とすために意識的に動いていくことをおすすめします。

三回制限をかけるのもあり

三回もデートを重ねるとそのまま放流してしまうのがもったいなく感じる人も多いと思います。どうしても「次はいけそう」と考えてしまいがちです。これは俗にいう「コンコルド効果」のようなものなので、いわゆる損切はセフレ作りにも必要です。

そのため、三回目のデートではどんな状況であれ、無理矢理でもダメ元でも誘うと決めておけば、拒否られたら諦める踏ん切りがつき丁度よかったりします。

とにかくズルズルとデートの回数だけを重ねないように気をつけて下さい。

初デートでエッチするためには?

初デートからエッチをするには短時間で二人の距離を縮めなければいけません。結果は下準備の段階から決まると言っても過言ではないのでしっかり準備して初デートでセックスまで運んで下さい。

お店・居酒屋選び

「初デートプラン」でも紹介していますが、初デートはセフレ作りでも彼女作りでも食事デートがベターなので、食事→ラブホプランで動くのがおすすめです。

スキンシップの取りやすいお店を選び、距離を縮め、ラブホへ向かう足がかりを作ると良いでしょう。
初デートで二人の距離をギュッと縮めるお店選びのコツ5選!

ラブホへの誘い方

ポイント1の食事の段階で距離を縮めることができていればこのステップは簡単です。手を取り、ラブホへ向かいましょう。

ホテルへの自然な誘い方!「NO」と言わせない連れ込み方

まとめ

「エッチは何回目でするのか」ではなく「初回からできるように上手く立ち回る」これが大切です。初デートでエッチするための準備を入念にしておくことで確率を上げることができます。あとは、成功率を上げるためにとにかく積極的に経験を積んで行くだけです。

確実にヤレるという魔法はありません。そのため、とにかく経験を積んで行くこと。一人の人と何回もデートを重ねるのではなく、とにかく色々な女性に会って、初デート初セックスを経験し、自信を付けていくことをおすすめします。

一回目のデートからエッチを目指すには下準備が必要なので準備の段階からスタートしていると思い、しっかりと下準備を行い、初デート初エッチに繋げられるように動きましょう。

このページの先頭へ