セックス後のピロートークは何を話すの?女性を手懐けるピロートークの内容と効果

セックス後にエッチした女との仲を深めるのに有効な手段としてピロートークがあります。男は賢者タイムに突入している時間でもあり、面倒くささを感じと思いますが良好な関係を維持するために女性に奉仕する時間でもあります。

ここでは「ピロートークでは何を話すのか」「どんな話題・内容が適切なのか」「効果はあるのか」「しないとどうなるのか」などピロートークの疑問についてもまとめました。

セックス後は面倒くさいとは思いますがセフレをキープするためにも効果的なピロートークを展開しましょう。

ピロートークとは

ピロートークとは、後戯(こうぎ)の一種で、簡単に言えばセックスを終えた後に相手とお話をする行為です。

「ピロー」は「枕」の意で、セックス後に枕を共にし(ベッドをともにし)、添い寝した状態で話すことから、この行為を「ピロートーク」と呼びます。

ピロートークの目的と効果

ピロートークをする意味(目的)

男の場合、セックス後(というか射精後)はほぼほぼ例外なく賢者タイムに突入し、気持ちが冷めてしまいがちですが、女性はセックス後もイチャイチャしたいと思っています。

そのため、ピロートークとは女性のための時間であり、女性の欲求を満足させるための行為でもあります。女性の欲求を満たすことで、信用・信頼してもらい、結果、より依存させることもできるわけです。

ピロートークのメリットや効果

ピロートーク時はお互いに「素」に近い状態で話すことができます。

セックス中というのは、お互いに自分のことを良く見せようとしがちで、相手がどう思っているのかが見えづらくなるものです。

良くも悪くも一旦落ち着いて自然な状態(素の状態)で話すことができ、本音を引き出しやすい時間でもあります。

こういった時間を使って、過去のセックス遍歴を探ったり、今回のエッチの反省会をしたり、趣味・趣向を探るなど、普段聞けないような攻めたことを聞き出し、相手を(お互いを)深く知るチャンスにすると良いでしょう。


正直賢者タイムに突入すると「早く帰りて~」と思うこともありますが、数分~数十分のピロートークを挟むことでセフレキープが容易くなるので、可能な限り取り入れていくことをおすすめします。

特に最初のうちは面倒でも気を遣ってあげましょう。

そもそもセフレという関係はセックスをするためだけ(体だけ)のパートナーなので、この一連の行為をおろそかにすると逆に離れやすくなるんですよね。

ピロートークをしないとどうなる?

仮にセックス後、ピロートークをしないとどうなるのかと言えば、関係にもよりますが、特にあなたに入れ込んでいるような女性の場合は、相手との関係を悪化させてしまう可能性があります。

男性は射精という明確な終わりがありますが、女性はそれがなく、セックス後もイチャイチャしたいと思うものなので、ピロートークがないと「私に興味ないのかな…」と、不安にさせてしまいます。

セックス後、すぐにスマホをいじりだしたり、タバコを吸ったり、すぐにシャワーを浴びてしまっていませんか?こういった行為は、女性を不満にさせる可能性があります。

男性にとってセックス後の「賢者タイム」はつきものなので、ピロートークが面倒臭いと感じるのは無理はありませんが、ピロートークを面倒臭がると、女性との仲を深めるチャンスを逃すどころか関係が悪化する可能性があるので注意しましょう。

女性との関係をより良くするためにも、面倒だけど可能な限りピロートークはするようにしましょう。

中には女性の方がサッパリしていることもありますが、そんなときも(そんな女
にこそ)ピロートークという体験で自分に入れ込ませるのがキープのコツですね。

女はなんだかんだで「特別視されたいんだ」と思って接すれば、どんどん入れ込むはずです。

ピロートークの具体的な話題4選

それでは、具体的にピロートークではどんなことを話すのか?私自身もよく話すピロートーク時に使える具体的な話題を紹介するので「ネタがない」そんなときは活用してください。

1.セックスの感想

セックスの後は、セックスの感想を女性に伝えてみましょう。

「キスが(とろけるぐらい)気持ち良かった」など、大袈裟に、そして具体的な感想を伝えられるとより良いです。

物足りないと思ったら「もっと唾液絡ませてグチャグチャなキスがしたい」とか希望を伝えるのもいいですね。

少し恥ずかしがっているような女性であれば、「もっとやっていいんだ」と大胆になりますし、女性も気持ち良くなれて、次のセックスにつながります。

2.愛情のある言葉を伝える

セックス後はとにかく褒めちぎります。ポジティブな言葉を聞いて嫌な女性はいないので「大好きだよ」「可愛いね」「綺麗だね」なんて伝えれば、ほぼほぼ喜んでくれます。

「愛情を伝えるなんて恥ずかしい」と思う方もいるかもしれませんが、セックスをするほどの仲であれば、恥ずかしさ感じる必要はありません。むしろ、相手も喜んでくれるはずです。

恥ずかしがらずに、セックス後は女性に対して、愛のある言葉を伝えてみましょう。その場の雰囲気も良くなりますし、仲も深まりますよ。

あまり軽々しく使うのは危険ではありますが「結婚しよーぜ」とか「結婚して毎日したいわ」みたいな言葉を冗談っぽく使うのもあなたに依存しやすくなるはずです。

ただし本気に捉えられると厄介なので注意も必要

3.次のセックスについて

「1.セックスの感想」と少しかぶりますが、次のセックスについて話すのも一つです。

「次はこういうプレイをしてみたい」「ここを中心に責めてほしい」など自分の希望を伝えたり、「どこが気持ちよかった?」「どこが好き?」など相手の希望を聞き出してみましょう。

次の約束をすることにも繋がり、かつ、次のセックスが楽しみにもなるので良好な関係を築きやすくなります。特に「セフレ」という関係であれば、セックスがメインの関係なのでメインのセックスを楽しまないと損ですよね。

時には彼女にはお願いできないようなハードなプレイを楽しんでみるのもおすすめです。

それに「こういう風にしてみたい」と言えば、女性も「求められて嬉しい」と感じます。女性のためにも、次のセックスでしてみたいことを伝えてみましょう。

4.出会った時のことを話す

出会ったときの印象ほか、過去の思い出話も有効です。初デート初セックスなら今日の印象なんかでもいいですね。

「そういえば初めて出会った時は、あのお店に行ったよね」といった具合に出会った時のことを話してみるのもありです。「実は、出会った瞬間から惚れてたんだよね(可愛いなと思ってたんだよね)」と、好意を伝えてみるのもいいです。

思い出を楽しく懐かしむと、セックス後の雰囲気も良くなります。


このようにピロートークでは直接セックスのことについて話したり、思い出話をして雰囲気を作るのがおすすめですが、基本的にはセックスの余韻に浸れる(ひたれる)ような話題であれば何でもOKです。

コツとしては自分が話すのではなく、相手に話させ、乗ってきたら聞き役に徹することです。そうすることで自然と会話も弾みやすくなります。

その他悩み事があれば相談に乗ってあげたり、愚痴があれば聞いてあげたり、女性主体で話を展開すればどんどんあなたに入れ込み、心を許すようになってくれるものです。

これは当サイトでも再三お伝えしている、同意と共感ですね。基本はこの精神で女性を受け入れてあげることです。

ピロートークのNG例と注意点

中にはピロートークを意識的に取り入れてはいるけど、毎回反応がいまいちな人もいると思います。そんな人はもしかすると間違ったトークを展開している可能性があります。

ピロートークとしてのNG例(NGな話題)や避けておきたい注意点も合わせて紹介します。

自分に当てはまっていないかチェックしつつ、残念な結果に終わらないように注意しましょう。

1.セックスのダメ出し

最も避けたいのがダメ出しですね。もちろんあまりにクソだったらダメ出しもしますが、基本的にはセックス後はダメ出しやネガティブな感情を伝えるのはNGです。

関係が壊れる覚悟で伝えるのはいいですが、キープしておきたいならやらない方がいいですね。褒めてその気にさせるのが無難です。

「気持ちよくなかった」「下手くそ」「もっとこうしろ」なんてことを言えば後味も悪くなってしまうし、関係も悪化してしまいます。何より雰囲気が壊れるので、ネガティブな感想は言うべきではありません。

仮に言うとしても、言葉選びには十分気をつけましょう。

例えば「次はこういう風にしてくれると嬉しいな」とソフトに伝えてみたり、「(気持ちくなかった場所を)あそこ気持ちいいからもっと○○に攻めてほしいな」と逆説的に伝えてみると、相手も嫌な気分にはなりません。

相手を思いやる心を持てば言葉選びもできるはずです。

2.無理やり感想を求める

「どうだった?」「気持ちよかった?」などセックス後に無理矢理感想を求めるのも、ピロートークとしてはNGです。

「気持ちよかったでしょ?」なんて押し付けがましい発言は、尚更不適切です。(スモール)ま、めちゃくちゃ喘いで下もビショビショだったらわざとらしく言うのもいいですけどね。何事も時と場合によりけりです。

無理やり感想を求めると、女性は「(うっとうしいな)」と思いますし「気持ちよかったでしょ?」なんて言われたら「何勘違いしているの?」とイラッとさせてしまいます。

女性がどのように感じているかは気になりますが、自分から感想を無理やり引き出すことはやめましょう。

どうしても感想が気になる場合は、女性が自分から言ってくれるのを待ったり、「最高だったよ」などと自分から話し、誘導し、相手の言葉を引き出すのも手ですね。

3.体型に関する口出し

ピロートーク以外の場面でも気をつけるべきことですが「太っているね」「胸が小さいね」「もっと痩せた方がいいんじゃない?」などと、体型について口出しをするのはやめましょう。

当然ですが、体型について口出ししたら、相手を傷つけてしまいます。男だって「贅肉やばいね」「ガリガリだね」なんて言われたら気持ちいいものではありません。

気になった点があっても、体型について口出しをするのは控えましょう。話すなら2回、3回体を許し合い、関係ができてからですね。

体型に不満があるならその女性を痩せさせるのではなく、スレンダーな女性をセフレにすればいいだけです。デブもスレンダーもJDも熟女も囲い込んでおけば好きなときに好きな女が抱けますからね。

4.他の女性と比べる

(お互いにセフレと認識し合っているなら別ですが)別のセフレや元カノとのセックスについて話すのもは、ピロートークではNGです。というかそもそも別の女性の話はするべきではありません。

自分以外の人とのセックスの話を聞かされるのは「(私に)不満があるのかな?」と不安や劣等感を感じさせてしまう恐れがあります。性格の荒い女であればガチギレされる可能性すらあります。

「元カノの方が気持ち良かった」なんて他の人を持ち上げるような発言は絶対NGです。仮にあなたがこんなことを言われたら結構へこみますよね?

「じゃあそいつとセックスすりゃいいじゃん!」てなりますからね。

女性を傷つけないためにも、他人と比べる発言は控えるべきです。

5.愚痴を言う

「この前仕事でさ〜」といった具合にセックス後に愚痴を言うのは控えましょう。女性はセックス後もいい雰囲気でありたいと思っているので、愚痴を言ってムードをぶち壊すのはNGです。

賢者タイムに入っているからこそ、本音もポロっと吐き出してしまいがちですが、愚痴を言いたくなっても我慢です。

ただし、女性の愚痴は優しく聞いてあげましょう。女って愚痴とか好きな奴多いですからね。自分はダメだけど相手は受け入れる、これが男の嗜みですね。笑


基本的には「女性のために使う時間」と割り切って臨むことでNGな話題は避けられます。と言っても男には賢者タイムが付きもので面倒くさくもなるので難しいのもわかります。

だからと言ってNGトークを展開し、雰囲気や関係を壊さないようには注意したいですね。面倒だと感じたら、それを態度で伝えるのではなく、それとなく早く返ってもらえるように促した方が良いです。

参考:セックス後のデートの切り上げ方!女を早くスマートに帰らせるコツ

面倒なセフレは早く切って新しいのを探すのがいいとは思いますが、切るのがもったいない場合は上手にキープしましょう。

一緒に「良好なセフレ関係を長続き(キープ)させるコツ5箇条」も読んでおくことをおすすめします。

ピロートークの切り出し方やタイミング

ピロートークは、フィニッシュして(射精して)後始末をして、お互いにベッドで横になった状態の時に切り出すのがベストです。

さらに言えば、ただ横になった状態で切り出すよりも、しばらく女性の顔を見つめ、妄想や期待を膨らませつつ、そして余韻に浸りながら話始めるのがおすすめです。

難しいことはないので、タイミングを見計らって話を切り出しましょう。

ピロートークの効果を上げるコツ

その他ピロートーク時にピロートークの効果を効率的に上げるコツを紹介します。ただ話すだけではなく、こういったことを取り入れて、あなたに依存させるように仕向けましょう。

1.手をつなぐ・腕枕

ピロートークの際は、手をつないだり、体を寄せ合い(触れ合い)ながら話してみましょう。

手をつないだり、体を寄せ合うことで女性は安心感や抱擁間を感じるし、温もりや愛情を感じてもらえるようにピロートーク中は手をつないだり、腕枕をしたり、身を寄せ合いながら行うのが有効です。

手をつないでいる時は、たまにギュッと力を入れて握ったりすることで変なマンネリ感を払拭できたり、女性をドキッとさせることができます。

あるいは、手を握っていない方の手で、女性の手の甲やおしりをなぞってみたり、遊び心を持って接してみるのも女性の緊張感をほぐすのに役立ちます。

2.セックス前(中)から会話するようにする

会話はセックス後だけでなく、セックス前やセックスの最中もするようにしましょう。そうすれば「最初から最後まで私のことを思っててくれた」と感じるので、ピロートークの効果がより高まります。

セックス前には「今日は会えて嬉しいよ」「一緒に気持ち良くなろ」と伝えたり、セックスの最中は「可愛いよ」「綺麗だね」「気持ちいいよ」などと声をかけたり、ですね。

「わざわざ言葉にしなくても…」と思うかもしれませんが、言葉にしないと伝わらないこともあります。むしろ言葉を尽くすことによって、女性は愛情を確かめることができるので会話をためらうことなく、積極的に愛や想いを伝えていきましょう。

言葉なんて嘘でもなんでもいいんです。女性を気分よく(気持ちよく)させるため、そして自分が気持ちよくなるためにコミュニケーションを取ってみるのもおすすめです。(小声)嘘も方便ですね。

ピロートークにも気を遣い、良好な関係を築こう

セックス後のピロートークは、あるとなしではこれからの関係を左右することもある比較的重要なフォローです。

男には賢者タイムが付きものですが、面倒くさがらず、セフレのケアを心がけるようにするとやりたいときにやれる女のキープにもつながります。

女性の体も心も喜ばせ、良質な関係を築いていくためにも、セックス後のピロートークはできる限りするようにしましょう。

このページの先頭へ