セックス後のデートの切り上げ方!女を早くスマートに帰らせるコツ

女を帰らせる

  • 女を早く帰らせるベタな口実
  • 切り上げる一言を自然に伝えるコツ
  • スマートな解散で良質な関係を維持

ヤッた後(射精後)に訪れる「賢者タイム」。性欲を満たし、興奮状態から覚めると同時に、強烈な脱力感に襲われて色んなことが面倒くさくなる。「さっさと帰りたい(帰って欲しい)」そんなときもあります。

完全に割り切った関係であれば特に気を使う必要もないですが、そうもいかないこともあります。なるべく雰囲気・関係を崩さずにスマートに別れる方法・コツを伝授します。

女を早く帰らせるための都合のいい口実

1.用事・予定があることを伝える

次の予定や明日の予定、明日の朝が早いことなどを伝え、「今日は早く帰ろう」という流れに持っていきます。

「明日は朝が早いから」「色々準備しないといけないから」と切り出し「送っていくよ」と付け加えれば女性は大切にされていると感じてくれます。

2.体調の悪い振りをする

体調が悪ければ仕方がないと思うのが普通です。
中には介抱してくれようとする優しい女性もいますが、「帰ってゆっくり休みたい」と伝えればほとんどが受け入れてくれるはずです。

ただし、セックスする前はめちゃくちゃ元気でセックスした後にいきなり体調不良になるのは不自然と言えば不自然なので「急に体調が悪くなった」のではなく「朝から体調が悪かったけど会いたかった」などテキトーな理由を付けると相手を喜ばせつつ自然に帰りやすくなる。

「人は理由があると納得する」と言われています。ものは言い用ですね。

3.ストレートに伝える

割り切った関係ができあがっているのであれば普通に「帰ろっか」でOK。と言ってもなかなかストレートには言い出しにくいもの。そのために上で紹介した方法を活用していくといいでしょう。

1回切りの女やセフレ関係のできあがった女であればストレートに伝えるのが手っ取り早いです。


きっとこれらの口実は誰でも思いつくものだと思います。言ってみれば口実なんてものは何でもよくて、問題はいかに自然に、そしてスマートに帰らせるかです。

良好なセフレ関係を続けるならセックス後の賢者タイムでも相手を気遣い、イチャイチャするのが一番です。でも、そうもいかない時もあるし、面倒に感じることもあります。

そんな時にイライラしてしまうくらいならスパッと切り上げた方がいいということです。そのために上記の口実をスマートに使えられるように自然に切り出すためのコツを知っておきましょう。

デートの帰宅・解散を自然に切り出すコツ

1.事前に伝えておく

自然に切り出すには事前に伝えておくのがベストです。予定が入っていることなどをいかに前に前に告白できるかがポイントです。

セックスした後に「用事がある」よりもセックスする前に「用事がある」と伝えた方が相手は自然に感じるのは当然です。

2.緊急性を演出する

緊急の用事というのは仕方がないものです。急に用事ができた、急に体調が崩れたなど一緒にいたいけれどいられない理由を作り、演出します。

スマホのアラームを着信音に変えたり、電話がかかってくるアプリなどを利用してあたかも偶然性を装います。着信が鳴ったらその場か一人になれる場所(トイレや玄関)に移動し、一芝居うてばOK。

ただし、毎回急用ができるのも怪しいので事前に「最近仕事が忙しい」など予防線を張っておくと使いやすくなります。

3.保険・予防線を張っておく

良好なセフレ関係を長続きさせるコツ」でもお伝えしていることですが、普段から仕事やサークル活動などが忙しいことを臭わせておくと緊急の用事もバンバン使いやすくなります。

4.ラブホテルを使う

ラブホテルは時間制限があります。
フリータイムや宿泊にしてもタイムリミットがあるため自然に帰るタイミングが訪れます。

女は理由を欲しがる

結局のところコレに尽きます。

女(特に帰りたがらない女やまだ一緒にいたいと思っている女)は納得できる理由を欲しがります。愛されている、大切にされていると感じたいので上で紹介したような理由を与えてあげると納得してくれます。

こっちもまだ一緒にいたいんだけど帰らないといけない、そんな雰囲気や理由を作るということですね。

ここで駄々をこねたり、意味不明な対応をしてくるメンヘラ女はそのまま付き合いを続けると色々と面倒なことになる可能性があるのでセフレ関係を解消してしまうのもいいかもしれません。

まとめ

「スマートに」切り上げることを考えるなら、いかにさりげなく帰宅を促すかがポイントになります。

最もベタな帰宅・解散を切り上げる口実を用意しておき、あとはそれを自然に行えるように準備をしておくといいでしょう。

相手に不信感や嫌な思いをさせないようにすれば良好なセフレ関係も長いこと維持しやすくなります。

このページの先頭へ