良好なセフレ関係を長続き(キープ)させるコツ5箇条

セフレのキープ

女性にも「割り切ってセックスをしたい人」と「そうでない人」の2種類がいます。
「割り切ってセックスをしたい」このタイプなら関係の持続は簡単ですが、そうでないならセックス後のアフターフォローはセフレ関係の持続には重要です。

「せっかくゲットした都合のいい女を失いたくない」そんな方にセフレ関係を長続きさせるコツを伝授します!

一夜限りの関係でいいのなら気にする必要はないですが、今後もセフレ関係を続けたいと思った時は以下の点を意識しておきましょう。

セフレのキープに役立つ5つの方法

  1. ピロートークをかかさない
  2. 干渉しすぎない
  3. 夢中にさせる・依存させる
  4. 敬意を払う
  5. 清潔感を保つ

1.ピロートークをかかさない

セックス後に訪れる賢者タイム。男性にとってはどうしても面倒くさく感じますが、関係を深めていくのはこの時間です。

良質なセフレ関係を維持したいのであれば、セックス後にイチャイチャする時間(ピロートーク)を設けましょう。特にこちらから話す必要はないので、無理のない範囲でスキンシップを取り(腕枕でもしてあげながら)、聞き手に回るようにすると楽です。

何時間もピロートークを繰り広げる必要はないので10分程度は抱擁してあげましょう。たったこれだけのことですが、これがあると女は勝手に虜になっていきます。

ピロートークの効果は科学的にも証明されており、女性はセックス後に幸せホルモンや愛情ホルモンと呼ばれるホルモンがドバドバ放出されるそうです。つまり、男と違ってセックス後のリラックスした状態に幸福感を覚えるということですね。

2.干渉しすぎない

セフレとして割り切って付き合うならあまり相手に干渉しないことです。セフレ関係というのは、付かず離れずでお互いに性的な満足感を得るための関係です。メールや電話などの連絡は会いたくなったときにする程度にして、一定の距離感を保って付き合いましょう。

自分からは相手のプライベートに干渉しないのがベストです。少し寂しい関係に思えるかもしれませんが、体を重ねていくうちにお互いに気を許せる間柄になれば自然と関係は深まっていきます。

距離感を保つコツ:忙しいアピールをする

連絡できない&別れる予防線を張っておきます。

例えば「最近仕事が忙しいから、君と話できるこの時間が幸せだよ」とか「最近サークル活動で〇〇にハマってるんだ。君は何かスポーツしてる?」こんな感じですね。

こうやってさりげなく忙しいアピールをしておくと、連絡の頻度が少なくても「忙しそうだもんなぁ」と勝手に解釈してくれます。お互いに心地よい距離感で付き合っていくために忙しいアピールをしておきましょう。

これはゆくゆくセフレ関係が面倒くさくなって関係を切りたいと思ったときにも役立ちます。
セフレの別れ方!きれいに関係を終わらせる方法

3.夢中にさせる・依存させる

関係を続けたい!そう相手に思わせることです。セフレ関係を解消できない理由を作らせます。

セックスの相性が抜群であればそれだけで依存させることができますが、誰しもそうとは限りません。例えば、アブノーマルなセックスを開発し、自分以外とはそのプレイができない、そんな女に調教してしまうのも一つです。

4.敬意を払う

「どうせただのヤリマン女だろ」そんな態度で接していれば、普通の感覚を持った女性であれば一瞬で冷めます。快感を覚えるのはドM女くらいでしょう。お互いに認め合っている関係でこそ長続きします。相手を単なる性処理の道具と考えるのではなく敬意を持って接した方がセックス自体も楽しめます。

表面上だけでも良くしておいて損はありません。

5.清潔感を保つ

後は相手があなたとまたセックスしたいと思えるように最低限の身だしなみに注意を払っておけば完璧です。女はブサイクとエッチがしたくないのではなく、不潔な男を嫌います。最低限の身だしなみ・エチケットは心得ておきましょう。

まとめ

一見すると当たり前のことも含まれていますが、どうしても「セフレ」と考えると雑に扱ってしまう方は多いです。

セックスはできるけどセフレが作れない、そんな方はこういったことを意識してみるとセフレ作りが捗るはずです。

正直なところ、余程相性が良かったり、可愛い・綺麗でなければ離れていくセフレを無理矢理繋ぎ止める必要はないと思います。無理してキープするくらいなら新しいセフレを作った方が楽なので。

キープが難しくなれば新人を入れる(新しいセフレを作る)、これくらいの気持ちでセフレ作りに取り組めば結構簡単に数を増やすことができます。あまり一人に依存しないことも重要です。

このページの先頭へ