【美人局対策】出会い系で知り合った女性と会うときの注意点とリスク回避術

  • 女性に会う時にやっておくべき5つの予防と対策
  • 会う前・会った後にできる6つの予防と対策
  • 少しでも怪しさを感じたらすっぽかす

出会い系サイトで知り合った女性と実際に会うことになった。でも会うことになった途端、急に不安になるというのは使い始めの頃にはよくあることで、ある意味誰もが通る道です。

本当に女性は現れるのか?恐いお兄さんと一緒に現れたらどうしよう。騙されたくない。そんな不安も過る(よぎる)と思います。

実際に過去には出会い系で以下のような美人局(つつもたせ)の事件も起きています。

出会い系サイトやツーショットダイヤルなどで知り合った女から、部屋に誘われ衣服を脱ぎ、いざ性行為などを行おうとしたときに、女の仲間の男が登場して「俺の女に何をする」というのが典型的なパターンである。
これらに類される行為で典型的なものは男性が女と会う約束をして実際に行ってみると、屈強な男に囲まれ金品を巻き上げられるという手法である。また呼び出されてラブホテルに入っていく所を写真に撮られ、後日家族や会社に暴露すると脅迫してくるケースもある。

参照:wiki

その他にも男性がシャワーを浴びている最中に財布からお金を盗まれたり、時計やアクセサリーなど金目のものを奪われるといったケースもあります。

特に被害者(本来は加害者)の女性が18歳未満の場合は淫行条例・児童福祉法・児童買春・児童ポルノ禁止法などの法律を犯す可能性があり、警察に相談や被害届が出せず泣き寝入りになりやすいのが現状です。美人局はメールをしていた女性とは別人の若い女性を用意し犯行に及ぶ手口もあるので注意が必要です。

つまり、出会い系の代表的な美人局・詐欺事例としては

  • 不貞行為の慰謝料請求・脅迫・恐喝
  • 女性による金品の窃盗
  • 未成年による児童買春
  • オヤジ狩り

などがあります。

こういったトラブルに巻き込まれないための対策やもしトラブルに遭ってしまった場合でも被害を最小限に抑えるための予防方法を紹介します。

美人局対策として被害に遭わないために注意しておくべき点とリスク回避するための術(すべ)を身につけ、自分の身は自分で守りましょう。

出会い系サイトで初対面の女性に会うときの予防と対策

早く到着、遅く合流

美人局対策として一番効果的なのは待ち合わせ場所に相手の女性より早く着き、女性をチェックしてから合流することです。

数十分前から待ち合わせ場所周辺で待機し、待ち合わせた女性の到着を監視するといいでしょう。女性を見つけた場合は周りをチェックし、怪しい取り巻きがいないかをよく確認して下さい。

これは美人局対策としてだけでなく、これから会う女性の見た目チェックもできるので基本的には初めて会う場合は早く着いて、遅く合流を基本にすることをおすすめします。
参考:出会い系の待ち合わせ場所にブス・デブ!タイプじゃない女の対処法と考え方

また、事前にその日の服装を聞いておきましょう。服装や鞄、または何か目印になるものがないかを事前に確認しておくことで発見と出会いがスムーズになります。

財布の中身は必要最低限

財布の中身は必要なもの以外を全て取り出しておきます。

不安な場合はお金以外は全て出しておくといいでしょう。免許証や保険証、クレジットカードなど身元がわかるようなものや奪われてしまった場合に困るようなものは入れておかない方がいいです。会う場所や会い方にもよりますが車以外であれば基本的にお金以外は入れておかないようにするといいでしょう。

お金も飲食代、ホテル代でせいぜい2〜3万用意しておけばまず問題ないです。

スマホ(携帯)は自動ロック&GPSの設定

最近は自動ロックが標準だと思いますが、最低でも30分〜1時間スマホ(携帯)を触らないと自動でロックがかかるように設定しておいたり、GPSアプリを起動させておき、もしもトラブルでスマホを持ち去られても後から場所を割り出せるようにしておきます。

iPhoneで言えば盗難・紛失に備えFind iPhoneなどを起動させておくと良いでしょう。

マスク&だて眼鏡で変装

写メ交換をしている場合は相手から声をかけられるのを防ぐためにマスクをしたり、だてメガネで変装して待ち合わせ場所に向かうのも一つです。

ボイスレコーダーで事実を録音

基本的にはポイント4まで行っておけば問題ないですがそれでも不安な場合はボイスメモなどのアプリを起動させ、やり取りを録音しておいたり、ボイスレコーダーをポケットやカバンに忍ばせてやり取りを録音しておくともしもの時には証拠として利用できます。


私自身初めて会うときはポイント3まではやって会うことが多いです。ポイント4もたまに使います。

散々脅しておいてなんですが、私はこれまでに出会い系サイトで100人以上の女性と関係を持ってきていますが美人局被害に遭ったことや身の危険を感じたことは一度もありません。なので正直なところ過度の心配はいりませんがそれでも念のため毎回ポイント3までのことはやっています。

必要に応じて各自美人局対策として自分の身を守る対策を立てておくことをおすすめします。

その他会う前・会った後にできる美人局予防対策

上記の5つのポイントとは別に会う前や会った後にもできる美人局対策や被害に遭わないため、また、リスクを抑えるための予防対策を紹介します。

必要に応じて取り入れてください。

偽名やニックネームを使い個人情報を隠す

これは会う直前の対策と言うよりも出会い系を使う上での対策になりますが、出会い系サイト上で使う名前(ニックネーム)を偽名にしたり、本名がバレないように個人情報を隠すのは有効な手段です。

ニックネームがなかなか思いつかないという方は「出会い系サイトのニックネームの付け方とおすすめの名前」にて出会い系サイト上で使うニックネームの付け方(決め方)のコツを紹介しているので参考にしてみてください。

2台目のスマホを持つ

スマホや携帯を奪われてしまった場合に被害を最小限に抑えるため、また、これまでのやり取りなど証拠となる物を残しておくために普段使いのスマホ(携帯)とは別に出会い系専用の二台目のスマホを持つのも一つの対策と言えます。

正直ここまでする必要はないと思いますが、念には念を入れたい人は2台目のスマホも検討してみると良いでしょう。安く見積もれば月々1,000円程度で2台目のスマホを持つことは可能です。出会い系サイト用のスマホについては「スマホを2台持つ?出会い系サイト用の電話番号とLINE別アカは必要なのか?」で詳しくまとめています。

相手の自宅にいかない・自宅に入れない

美人局被害で怖いのは「あなた対女性+取り巻き」の展開です。女性宅にて取り巻きの男性に囲まれたり、自宅がバレたことで押しかけられるケースが怖いです。

この逃げようがない展開に陥らないためにも第三者が立ち入りにくいラブホテルやトラブルが起きれば人目につきやすいシティホやビジホなどを選ぶのが無難です。

どちらかの自宅はお金もかからないので使い勝手は良いですが、余程信用できる女性でもない限り初回から女性宅へ行ったり、自宅へ呼ぶのは避けた方が無難です。現に私はお金はかかりますが、基本的に「初回はラブホ」を徹底しています。

生でセックスをしない

「生でもいいよ♡」

なんて言われたら生でしたくなるのが男の性かもしれませんが、生は性病だけでなく「妊娠」のリスクが伴います。特に美人局被害としては事実とは関係なく妊娠・中絶の費用や慰謝料を請求されるケースがあります。

事実はわからなくとも妊娠・中絶をし、精神的苦痛を受けたとして多額の賠償金を請求されるケースもあります。

その可能性の芽を摘むという意味でも、また性病の危険性を回避する上でもコンドームは使った方が無難です。いわゆるNS(ノースキン)NN(生中出し)はNGということです。

ダッシュで逃げる(大声も出せたら出す)

待ち合わせ場所でやばいと感じたり、男に囲まれた場合、可能であればその場から全力で走って逃げるのも一つです。人通りがある程度ある待ち合わせ場所であれば、周りの人が違和感を察知してくれますし、一方的に責められる展開は避けられます。

身の危険を感じたら恥は捨てて、大声を出したり、逃げるのは最も有効な護身術とも言えます。

待ち合わせ場所はこちらで指定 or 直前に変える

(場所にもよりますが)相手女性の指定する場所には行かないことです。事前にこちらから場所を指定したり(指定し直したり)、直前に「○○まで来てくれない?」と対応してもらうことで待ち伏せのリスクを回避することができます。

美人局被害を防ぐためにも待ち合わせ場所は「自分で指定」「人通りの多い場所」を選ぶのが鉄則です。

出会い系サイトで初対面の女性と会う時の待ち合わせ場所の選び方は「出会い系初デートにおすすめの待ち合わせ場所と選び方」にて詳しく紹介しているので美人局対策としての待ち合わせ場所選びの参考にするのもおすすめです。

怪しいと感じた場合は約束をすっぽかす

最終的にはこれです。このルールを守ることです。

待ち合わせ場所で女性を発見!見た目も可愛い!となれば胸が踊るものですが、少しでも怪しさを感じたら会うのは止めておくべきです。

  • 近くに怪しい車が止まっている
  • 止まっている車に男性がたくさん乗って待機している
  • 女性が車の方をチラチラ見ている
  • 誰かと密に連絡を取り合っている

そんな時はやめるにこしたことはないです。

せっかく会うところまでこぎつけたとしてもトラブルに巻き込まれてしまっては元も子もありません。もったいないと感じるかもしれませんが、すっぽかす勇気というか決意も必要です。被害に遭ってからでは遅いので割り切って次を探すことをおすすめします。

まとめ

私は出会い系サイトを利用して長いですがこれまでに美人局に遭ったことはありません(待ち合わせ場所まで行き女性に会わずに帰ったことはありますが)。それでもたまにニュースで出会い系サイトのトラブルが報じられるのも事実です。そのため、事前準備や対策で未然に防げることは自己防衛として取り組んでおくべきだと考えています。

  1. 事前チェック
  2. 持ち物は最小限
  3. スマホ・携帯のセキュリティは万全に
  4. 変装アイテム
  5. 事実を録音

最初に紹介したこの5つのポイントを参考に、必要に応じて対策を立て、安全に出会えるようにすると良いでしょう。

美人局に出会ってしまう可能性は低いとは思いますが、念には念を入れて出会うようにすると良いでしょう。どうしても不安が拭えないときはすっぽかす気持ちも必要です。

このページの先頭へ