浮気や不倫がしたい人のためのセカンドパートナーの作り方!出会いの方法を徹底解説!

不倫がしたい!浮気がしたい!今の彼氏や旦那(夫)だけでは満足できない、または満足できていない人に向けて、不倫や浮気のパートナー、彼氏や旦那以外の2人目のパートナーであるセカンドパートナーとの出会い方(探し方や作り方)を紹介します。

今までに出会い系サイトで散々女性に会って話を聞いてきた経験から「女性が使う上での出会い系のコツ」も紹介していきます。

うちのようなゲスサイトに咲く唯一の女性向け記事です。男性にセフレが欲しいと思っている人が多いことからもセカンドパートナー作りは非常に男女の望みがマッチングした一つの出会いの形と言えます。

女性もやり方によっては羞恥心や世間体を一切気にすることなく本当に簡単にセカンドパートナーが作れます!女性でセフレなどセカンドパートナーが欲しい人はぜひ参考にしてください。

  • 家庭がうまくいってない
  • 旦那とはセックスレス状態
  • 彼や夫だけじゃ物足りない
  • いつまでも女性でいたい・キラキラしたい
  • モテたい・注目を浴びたい
  • もう一度恋をしたい
  • 刺激が欲しい・愛が欲しい・寂しい
  • 旦那の浮気・風俗通いへの復讐

どんな理由でもいいですが、このような理由でセカンドパートナーが欲しいと思う人は是非実践してみてください。

セカンドパートナーとは、不倫や浮気の隠れみの

「セカンドパートナー」この言葉の意味を調べてみると以下のようなことが語られています。

  • 配偶者以外との親密な男女関係
  • デート・食事・手繋ぎ・キスはあり
  • 身体・肉体関係はなし
  • 不倫や浮気とは違う

要は、配偶者以外の異性とデートや食事をして、手を繋いだり、キスはするけど肉体関係はないプラトニックな関係で、あくまでも不倫や浮気ではないみたいですね。

これどう思いますか?

思うことは色々ですが、本気で言ってるなら頭の中お花畑状態です。こんなのはあくまでも建前ですよね。本音はどう考えても不倫・浮気であり、体(てい)のいい言い訳です。

また、本人が何と言おうと周りは不倫や浮気と変わらないと思うものです。なんか言い訳がましいから余計にみっともなく感じます。別に不倫相手や浮気相手なんか作ったっていいのに「変な言葉を隠れ蓑にしようしているのが余計に鼻に付く」感じですね。

例えば、浮気はともかく不倫は犯罪と思っている人も多いですが、実際のところ不倫は犯罪ではありません。当然不倫の発覚から離婚裁判になれば不利になりますが、法的に罰せられることもなければ、前科が付くわけでもありません。もちろん、世間体などイメージは悪いですが。

犯罪ではなく、決して法を犯しているわけではないので、バレない様にうまくやればスリリングな恋愛や色恋の欲求不満を解消できるパートナーを作ることは簡単です。

「セカンドパートナー」とは、言ってしまえば不倫相手・浮気相手のことなので、ここでは不倫相手や浮気相手をセカンドパートナーと定義して解説していきます。

セカンドパートナーは需要が高く簡単に作れる事実を紹介

「女性がセフレなど肉体関係のみのパートナーを簡単に作れるのか?」という疑問に答えるべく、ちょっと当サイトについて解説します。

当サイトは正直女性に読んでもらうことを目的にしていないサイトです。そのため、男性訪問者がほとんどなのですが、セフレ作りを解説しているサイトである通り、男性はセフレ(セックスフレンド)を求めて訪問しています。

1日あたり多い日であれば3000人以上が訪問することもあるように、男性からするとセフレなど体だけのパートナーはとても需要があります。だから、女性で特にセフレなどセックス・性欲を満たしてくれるためのセカンドパートナーが欲しいと思っている人には非常に男女の望みがマッチングしているのが事実です。

当サイトの1日あたりのユーザー訪問数

例えば、これは7月頭の一週間の訪問ユーザー数です。ユーザー数なので単純に1日3000人以上がこのサイトに訪問しているということです。本当にみんな出会いを求めており、実際に出会い系を通して出会っている人も多いです。

最初に挙げた通り「旦那とセックスレス」「彼氏のエッチに満足できない」「もっと色々なエッチを楽しみたい」そんな人には本当におすすめです。

それでは前置きが長くなりましたが、具体的なセカンドパートナーの作り方(出会い方)を紹介していきます。

セカンドパートナーの作り方!男が教える女性におすすめしたい出会い系サイトの使い方

当サイトのタイトル「セフレの作り方入門!初めての出会い系サイト攻略」というサイト名にもある通り、セフレ作り(セカンドパートナー作り)には出会い系サイトが適しており、おすすめしています。

出会い系と言っても、近年では「ユーブライド」「ブライダルネット」などの婚活、「ペアーズ」「タップル誕生」などの恋活もありますが、ここで言う出会い系とはもう少しアダルト寄りなサイトを指します。

アダルトというと少し不安を感じるかもしれませんが、怪しいサイトを使わない限りは安全ですし、当サイトで紹介しているサイトであれば私自身が今も使っているということもあり、安全なので信用して頂ければと思います。不安な方は「セフレ作りにおすすめの出会い系サイト&選び方」を読んでおくと出会い系サイト選びに役立つと思います。

・・・話を戻します。

つまり、セカンドパートナー作りには出会い系サイトを使います。

出会い系サイトを使ったセカンドパートナー作りの具体的な手順としては以下になります。

こんな具合です。

それでは要所要所を詳しく解説していきます。

1.出会い系サイトに登録する

まずは出会い系サイトを選び、使用するために登録を済ませます。

出会い系サイトは小さなものまで含めれば世の中には何百というサイトがありますが、そんなに知る必要はなく、安心して使えるものは正直10サイト前後しかありません。

その中でもおすすめなのは「PCMAX」「ハッピーメール」です。正直このどちらか、または2つを登録しておけば簡単にセカンドパートナーは見つかります。実際に当サイトから登録されている男性の数は直近3ヶ月で言えば「PCMAX > ハッピーメール > ワクワクメール」の順に多いのでその分男性ユーザーとも出会いやすくおすすめです。

どのサイトも「運営歴が長い」「会員数が多い」「年齢確認が必要」などいわゆる優良な出会い系サイトの特徴が当てはまるサイトなので安心して使ってください。

年齢確認に抵抗を感じる方もいると思いますが、これは法的に必要な手続きであり、逆に年齢確認がない出会い系サイトは法に違反しているため、使うにはリスクがあります。また、後述していますが、年齢確認は名前も顔も伏せて申請できるので実は全然ハードルは高くありません。
登録時には電話番号登録が必要になりますが、これは二重登録(一人の人が複数のアカウントを持つこと)を防ぐためだけのものなので、登録後に迷惑な電話やメールが届くようになることはないとハッキリと言えますので安心して下さい。私自身も使っているサイトなので実証済みです。また、登録後に使わなくなれば退会も簡単にできるので安心です。

2.年齢確認を済ませる

出会い系サイトを選び登録を済ませたらまず初めにやっておくべきなのが、「年齢確認」です。年齢確認と聞くと「面倒くさい」「年齢を教えたくない」と抵抗を感じる女性も多いと思いますが、これは18歳以上であることを確かめるためだけの手続きに過ぎません。

例えば、年齢確認に使う代表的なものに「免許証」がありますが、免許証での年齢確認は顔も名前も隠して申請することが可能です。

このように大部分を隠して提出すればOKです。

免許証の提出例

サイトにもよりますが、例えばPCMAXではプロフィールの編集で年齢を自由に変えられます。実際にプロフィールの年齢と免許証の生年月日が一致しなくても申請は通るのでプロフィールでは実際に会ったときに疑われない程度にサバを読んでおくのは有効な手段ですね。やっぱり男性は若い女性が好きなので。こればかりはどうすることもできない事実です。

3.必要に応じてプロフィールを用意する

年齢確認と一緒にやってしまいたいのがプロフィールの設定です。

プロフィール文を書いたり、写真を載せたりですね。

ただ、浮気相手や不倫相手を探すことを前提に出会い系サイトを使うとなると怖いのは身バレです。もしかしたら彼や旦那が浮気・不倫目的に使っていることも十分あり得ますし、彼や旦那の友達が使っていてそこからバレる可能性だってあります。

十分に注意すべく、本名や身近な方が使うあだ名・ニックネームを避けたり、写真を載せる場合でも部分的にアップにしたり、モザイクや隠しを入れておくと良いでしょう。

ニックネームの付け方は「出会い系サイトのニックネームの付け方とおすすめの名前」で、身バレや顔バレを防ぐためのプロフィール写真の撮り方は「身バレ・顔バレのリスクを抑える写真・写メの撮り方13選!」で紹介しているので、必要な場合は参考にしてみてください。

また、女性ユーザーは写真を載せていない人も結構多いです。

プロフィール一覧

こんな感じで写真のない女性は多いです。

そして我ら男性ユーザーは意外とそういった不完全な「素人臭さ」のある女性にアプローチを入れます。もちろん、顔写真を掲載している女性にも素人っぽさを感じればアプローチをかけます。

この「素人臭さ」が重要な理由には、出会い系サイトには業者やセミプロと呼ばれる、女性会員がいるからで、男性は素人女性、つまりは一般の女性と出会いたいと思っているため、素人っぽい女性を探します。

ちょうど上の画像で言えば一番上の女性なんかはセミプロっぽいので割り切りでもいい男性以外は避ける傾向があると思います。

なのでわざとプロフィールを不十分な形にしておいたり、プロフィール写真を載せないのは素人っぽさを演出できる一つの方法にもなるのでおすすめです。

まぁ、浮気や不倫がしたいときは、

昔は旦那(彼氏)との関係が良好でしたが今は塩対応ばかりで一人の時間が増えてしまってとても寂しくしています。優しい男性や優しいエッチが好きができる人とお会いしたいです。不倫関係でもよろしければメールください。

など正直に告白してしまうのが有効だとは思います。本気度が伝われば業者とは違うと判断できますし、不倫関係という継続的な関係も業者やセミプロっぽさが薄い要素ですね。もしくは不倫や浮気は一切隠して肉体関係のパートナーを探すかですね。

どちらにしてもしっかり書くか、素人っぽい抜け感を演出するかです。

4.待つ、または攻める、攻めさせる

さて、ここまで準備ができれば後は放っておいても連絡がバンバンきます。
サイト内のメッセージにメールが届くので電話が鳴ったり、普段使っているアドレスにメールが届くわけではないので安心してください

女性はこの点が男性に比べてかなり有利で、本当に登録直後からバンバンメールが届くと聞きます。届いたメッセージを吟味して会ってみるのもいいですし、男性同様に掲示板やプロフィール検索などから条件を絞り込んで、出会いたい男性を自分から探すのもおすすめです。

男性の場合はここで気になった女性にメールを送るなどのアクションが大事になりますが、女性であれば、気になった男性に足あとを付けたり、いいねを送っておけば、積極的な男性であれば比較的すぐに連絡をくれます。

「攻める」と言うか、「攻めさせる」ことができるのは女性の特権なのでこういう使い方も便利ですよ。基本的に男性は「攻め」、女性は「待ち」です。そして、「待ち」の男性を攻めさせることもできるのが女性ですね。

5.会う約束を取り付ける

男性とメッセージのやり取りを始めたら、普通にメールをやり取りしながら会う段階までことを運びましょう。

女性に知っておいて欲しいこと(私の願望w)
これは男性として女性に知っておいて欲しいことですが、女性は出会い系サイトを完全無料で利用できます。メールを送っても男性のプロフィールを見ても無料ですよね。しかし、男性はプロフィールを見るのにも、メッセージを一通送るのにもポイント(お金)を使っています。

そのため、男性心理としてはなるべく早くLINEやカカオトークなどサイト外のメールツール(いわゆる直アド)へ移行したいと思っています。なので直アドを聞いてきた場合は教えてあげてください。

いきなり直球で直アドを聞いてくる男性は省エネで出会おうと考えている人ですが、真剣な出会いを求めている人ほどある程度じっくりとサイト内のメッセージを使う人が多いです。

もちろん一概には言えませんが、これは男性を判断する一つの基準にはなるはずです。

どちらにしても男性は心の中では早く直アドが聞きたいと思っていて、タイミングを見計らっているものです。直アドを聞いてきたときはお金がかかっているということを知っておいてもらうと我ら男性としては嬉しいです。

あまり女性ユーザーでこの事実を知っている人は多くないので自分から言う必要はないですが、聞いてきたときは教えてあげてくださいw LINEなど日常的によく利用するツールは不安という方はカカオトークがおすすめです。

6.実際に会う

会う約束を取り付けたら後は実際に会うだけです。浮気前提・不倫前提の付き合いで出会うのであれば、食事に行ってホテルに行ったり、場合によってはホテル直行なんてこともあると思いますが、そこはお互いに話の流れで決めればよいでしょう。

普通に食事をして、いいなと思ったらそういう関係を楽しむのもいいですし、割り切ってワンナイトラブを楽しむのもいいかもしれませんね。

7.その先はあなた次第

性格的相性、身体の相性など、自分に合っていれば関係を続けても良いですし、一夜の情事として終わらせてもOKです。ここはあなた次第です。

誰かが言っていましたが「男性はだいたいの女性をうっすら好きで、女性はだいたいの男性をうっすら嫌い」と言っており、妙に納得したのですが、男性は女性が求めればたいていの場合喜んで受け入れますよ。

女性ならではのコツは?女性は放っておいても連絡がくる

すでにお伝えしましたが、出会い系サイトを使う上での男性との違いは「放っておいても連絡がバンバンくる」というところです。実際に登録してみると登録後24時間以内に男性から何通かのメールが届くはずです。

実際にこれまでに出会ってきた女性のほとんど(というか全員)が言っていたことなので間違いないと思います。普通のメールもあれば、条件ありの割り切りの付き合い、特殊な性癖を持つキモい男性からの誘いなどバラエティーに富んでるみたいですね・・・。

そのため、「出会うためのコツ」というのは男性ほどシビアではなく、女性の場合はあなたが出会おうと思えば今日登録して今日会うことだってできるということです。あとはあなたの要望や願望とマッチしているかどうかですね。

この前提の上でより安全に、出会いたい人と出会うコツとしては以下の2つが有効でしょう。

1.気になる男性にアプローチをかけさせる

「相手は誰でもいい」という人以外は、できることなら好みのタイプや目的が同じ人と出会いたいと思います。

厳選して出会いたいということであれば、「4.待つ、または攻める、攻めさせる」でお伝えしたように、条件を絞り込んで気になる男性に足あとを付けたり、いいねを送って男性に攻めさせたり、女性のあなたからメールを送れば男性はイチコロです。

2.事前の写メ交換でリスク回避

女性と言う立場で考えるといざという時に力で負けるので保身という意味では、出会った後のリスクを避けるために顔のわかる写真を載せている男性を選んだり、写真がない場合は会う前に写メ交換などをしておくと安心して会えると思います。

タイプじゃない男性と会う時間や労力を削減するとともに、不倫や浮気を考えるとリスク回避にも繋がるのでメリットは多いですね。


女性が出会い系サイトを使う上でのコツとしては「男性にアプローチをかけさせる」「事前に写メ交換をしておく」この2つがポイントになりそうです。

不倫・浮気のバレには注意!

最後になりましたが一応忠告を一つ。

不倫や浮気、特に不倫はバレると大変なリスクをはらんでいます。火遊びのつもりが大火傷をしてしまうことだってあります。

そこは自己責任になるので、バレない様にリスク管理などは徹底しつつ、彼氏や旦那に感づかれない様に上手に出会い系サイトを使ってください。

例えば、ここで紹介した出会い系サイトにはスマホアプリもありますが、アプリは通知がきたり、スマホさえ触ることができれば簡単に開けることからバレる可能性も高いです。その点でブラウザ版(iPhoneで言えばsafari)でサイトを開いてログインして使うのがおすすめです。

またブラウザ版はアプリ版と違い機能が豊富です(アプリ版はアダルトコンテンツがありません)。そういう意味でも使うならブラウザ版がおすすめです。というかセカンドパートナー探し以前に、恋人や旦那がいるのに出会い系アプリを入れておくこと自体がリスクです。リスク管理は徹底してください。バレて失ってからでは遅いので。

まとめ

出会い系サイトには女性と出会いたいと思っている男性は腐るほどいるので、出会い系において会う会わないの主導権はあなたにあり、あなた次第だということです。男性の私からすると羨ましい限りです。

最初にお伝えした恋活や婚活などと違い、このスピード感やより会うことを前提にした出会い系サイトは不倫相手や浮気相手などセカンドパートナーはもちろん、セフレ相手を探すのにも非常に最適なんです。

ちょっと火遊び的に新しい恋を楽しんだり、単純に性欲の捌け口として使うには最適のサービスですよ。


かなり男性目線で書いているため、参考になったかわかりませんが、男性ならではの視点はお伝えできたと思います。男性がどんな女性を狙っているのかを知るとアプローチを受けやすいモテ女になることもできると思います。

どちらにしてもやらなければセカンドパートナーが作れないのは、男性のセフレ作りと同様です。とりあえず使ってみて、なかなか出会いたい人が見つからない、出会いたい人にアプローチをかけてもらえない、そんな時に当サイトの攻略系記事を読んでみるのもいいかもしれません。とりあえずTOPページから色々探してみてください。

ただし、かなり男性目線で書いており、女性読者は無視していますので、女性が読むと気を悪くする可能性があるのでその点は頭において読んでくださいね(先に謝っておきます)。まさか女性向けに記事を書くとは思っていませんでしたが、100人以上の女性と会ってきた経験が生きたのではないかと思います。

このページだけは女性向けに女性に優しく書いたつもりです。

このページの先頭へ