恋活・婚活サイトでセフレは作れるのか?

  • 恋活サイト「pairs(ペアーズ)」体験談
  • 恋活サイトは時間・お金がかかる&心が痛む
  • セフレ作りはできる!でもおすすめできない

出会い系サイトと一口に言っても細かいことを言えば種類は色々あり、当サイトで言う出会い系サイトと恋活サイトと婚活サイトでは出会える女性や使う人の目的には結構違いがあります。

「恋活サイトや婚活サイトでもセフレはできるのか?」

実体験も踏まえて恋活サイト・婚活サイトでのセフレ作りについてまとめました。

恋活サイト「pairs(ペアーズ)」の戦績

出会い系については当サイトで散々書いているのでここでは日本最大級の恋活サイト「pairs(ペアーズ)」でセフレ作りにチャレンジした際の戦績を紹介しておきます。
恋人作りではなくセックス、セフレ作りを目的に利用した結果です

pairs(ペアーズ)体験談

実践結果をザックリと表にまとめるとこんな感じです。

実践期間 3ヶ月
マッチング 55人
メール(2回以上) 16人
出会った女性 10人
体の関係を持った女性 7人
継続的な関係(セフレ) 2人

マッチング後即直アド(ライン)交換を打診している女性はメールに含んでいません。真面目な出会いを求めている女性が多いのか基本断られて音信不通なので・・・。

プロフィールを作り込み、写真を載せ、テキトーに「いいね!」しまくればそれなりにマッチングはできますが、正直面倒で手に負えず、メールしたのは半数にも満たない感じです。実験的に即ライン交換を打診してもほぼ断られ、不審がられてブロックもあり、丁寧に連絡を取り合った数人と実際に会った形です。

ちなみに今現在ペア―ズで出会った女性と継続的な体の関係が続いているのは0(ゼロ)です・・・。

実践3ヶ月と言っても、1ヶ月目にマッチング&メールで食事・会う約束を取り付け、2ヶ月目に会う、3ヶ月目はその間にマッチングした子とのセッティングに使っていただけなので実働2ヶ月程度の使用です。

後述していますが、恋活サイトはセフレを作る上では非常に効率が悪く、お金も時間もかかるので今は無料会員に切り替えて放置しています・・・。

結論から言えばヤるのは簡単!でも目的のズレは結構厄介

結果を見てもらえばわかる通り、恋活サイト(ペアーズ)でも余裕で体の関係を持てます。男と女が恋愛目的で会ってるので当然と言えば当然ですね。

ただ、サイトの特性上どうしても真剣な出会いを求めている(恋人を探している)女性が多く、都合のいい体の関係だけを目的とすると面倒なことが多く、あまりセフレ作りには向かないというのが結論です。

キスを迫れば、「遊びは嫌だよ」とか「私たちってどういう関係なの?」と「恋人関係」を求めてきます。この辺の対処法については「セフレに告白されたときに関係を維持する上手な断り方」でもまとめていますが、当サイトでいうところの出会い系サイトよりも利用者の真剣度が高く、後々のことを考えると面倒です。

心を鬼にしてというより、鬼畜となって割り切って遊んでしまえばぶっちゃけやりたい放題やれますが、ガードが堅い子も多く、その分時間もお金もかかりやすく、ゴールをセックス、特にセフレに設定するには少し効率が悪いのが本音です。

少なくともヤリ捨てるとか騙して体の関係を持つことに罪悪感を抱いてしまう人には恋活サイトでのセフレ作りはあまり向かないです。恋活サイトよりも真剣度の高い、婚活サイトはもっての外ですね。

数だけ見れば我ながらなかなかうまく行ったなと思いますが最長でやるまでに2ヶ月近くかかった子もいるのでセックスやセフレを目的にした場合はやってられないですね。

どうやって出会ったのかをまとめてみます

基本的には恋活だろうと婚活だろうと出会うまでのやり方は当サイトで紹介している出会い系攻略と同じです。

セフレの作り方」でまとめているLv.1~9まで、特に5と8を準備するのは同じです。

Facebook系の恋活サイトや婚活サイトは真面目な出会いを求めている人が多く、出会い系サイトよりも個人情報を開示している人が多いです。(奇跡の一枚はあるけど)顔も正面からハッキリとわかる写真、プロフィールも趣味や学歴、年収、仕事、休日の過ごし方などより詳細な情報を開示しています。

そういう人が多い分、プロフィールや写真がテキトーだと反応は悪くなります。

顔写真は最低でも一枚は顔がわかる写真を載せ、プロフィールもしっかり作り込むとマッチング率やいいねがもらえる確率が上がります。

準備を整えたら、あとは、ゲーム感覚でとにかくいいねを押しまくるだけです。ハッキリ言って作業ゲーです。相手からいいねが返ってこればマッチング成立でメールのやり取りができるようになります。

メールも基本的には使いまわせばOK。食事へのメールの流れをなんとなく作って、そこに向けて会話をシミュレーションしながら組み立てていくだけです。

食事の約束を取り付けたら、ラインは聞き出しやすくなるのでそこで聞けばほぼ100%教えてくれます。アダルトなメッセージは運営から注意が入るためできないので、仲良くなってラインを聞き出してからにする必要があります。

イメージとしては以下の流れです。

  1. あいさつ&名乗る
  2. プロフィールなどから世間話
  3. 季節ネタ・時事ネタなどから食事へ誘う
  4. 会う&ヤる

こんな感じでデートの約束を取り付けたら、次は食事の場所を選び、うまいことことを運ぶだけです。

ペアーズ内のメッセージもラインもメールも同じですが、食事に誘うまでの導線を意識して会話を進めると自然に誘いやすくなります。
LINEやメールで断られない自然な食事デートの誘い方

食事の場所は個室や半個室、一番いいのはカウンター席です。
初デートで二人の距離をギュッと縮めるお店選びのコツ5選!

ただ、これまでにも書いている通り、真剣・真面目な出会いを求めている子が多いのでガードは堅くなりがちです。うまく切り崩したり、2回戦、3回戦まで様子を見ることが多くなりがちです。

そういうこともあり、時間もお金もかかって効率が悪いのでペアーズは今は使っていません。

恋人作りやワンナイトラブにはとても有効なんですけどね、ほんとに。

ただ、ゆっくりメール交換をしているとメールの段階で良い印象を持ってくれる女性も多く、初めて会う時には好意を抱いていてくれている場合もあり、意外と即れたりもします。これはその場の盛り上がり次第ですね。

割り切ってやれるなら恋活サイトもおすすめ

恋活サイトや婚活サイトの多くは定額制(月額制)の料金プランになっているので、ひと月分支払えば期間内であれば、何度メールを送っても無料です。なので一通一通料金(ポイント)を気にせず使えるので人によっては使いやすいかもしれません。

一通一通のメールにお金(ポイント)がかかるポイント制は高く感じる人もいると思いますが、この定額制は意外と厄介で、何度メールを送っても無料なのでLINEなど直アドを聞き出す口実が作りにくかったり、LINEを教える必要性もなく、人によっては絶対に教えてくれない場合もあります。

また、ひと月単位でお金がかかるのであまり使わない場合は期間もお金がかかり続けるというデメリットがあります。

ちょっと使いたい場合でも月額料金が必要になるのが最大のデメリットであり、長い目で見ると使いづらい点です。毎日ガッツリと使う分には安く上がりますが数ヶ月使い続けると高くつくのが定額制です。

なので割り切って使う場合でも短期的に頑張って使わないと損してしまうかもしれません。

ポイント制と定額制の違いは?どっちがいいの?

どうせやるならラブサーチ

このように恋活サイト「ペアーズ」は恋人や友達作り、鬼畜となればワンナイトラブにも向いていますが、継続的な体の関係を持つセフレ作りにはあまり向いていません(向き不向きで言えば)。

ただ定額制の料金プランなどは人によっては魅力だと思います。そういった方はペアーズもいいですが「ラブサーチ」がおすすめです。ラブサーチは恋活サイトというよりもアダルトカテゴリーのある定額制の出会い系サイトでペアーズと違いFacebook系ではないので誰にも知られずに使えます。

ペアーズよりもアダルトな会員が多いのでヤリやすく、セフレも作りやすいです。
ラブサーチ

定額制を試してみたい方はどうぞ。

このページの先頭へ