外国人とセックスするには?海外の性風俗・夜遊びがおすすめ!

  • 外国人と手軽にセックスするなら風俗
  • でも日本の風俗では難しいのが現状
  • 香港・マカオが近くて安いのでおすすめ

外国人セフレの作り方として日本国内で外国人女性とセフレ関係を作る方法を紹介していますが、セフレ関係じゃなくてもいいからとにかく外国人女性とヤリたいという人に外国人と簡単にセックスする方法を紹介します。

セフレのような金銭関係のない体だけの関係とは違いますがお金さえ払えば確実にやれる方法です。

外国人女性とセックスする方法

まず「外国人女性とセックスするには?」そう考えたときに思い付く方法として「風俗(性風俗)」があると思います。出会い系やナンパとは違い、誰でもお金さえ払えば確実にヤレる方法で最も確実な方法です。

でも、ヤると考えた場合、日本の風俗では最後まで(挿入まで)は基本的にはできません。というより難しい現状があります。

日本の風俗で外国人とセックスするのが難しい理由

日本の風俗と言えば、ヘルスやエステ、ソープランドなど、その他色々ありますが、外国人とヤリたい(ハメたい)と考えた場合はソープを利用するのが一番手っ取り早いです(ソープは本番ありなので)。

デリヘルなどは合意の上であれば最後までできる可能性もありますが、原則本番行為は禁止されていますし、仮にできても金銭を上乗せで請求される場合がほとんどです。

となれば外国人ソープを利用するのが一番ですが、問題なのは「外国人女性が在籍するソープがほとんどない」という現状です。実際に「外国人ソープ」などで検索してみるとわかりますが、ほとんど見つかりません。

ヘルスやデリヘルには外国人も多いですがソープランドで働いていないのには理由があり、店舗側が外国人を雇用するリスクを嫌っている場合が多いようです。ソープでも在留資格を持っている外国人なら働くことができますが、ソープの運営形態自体が合法か違法かハッキリしないグレーゾーンに位置しているので警察に目を付けられると問題になります。外国人の雇用は警察に目を付けられる可能性が上がりやすいこともあり、外国人ソープ嬢は少ないようです。
日本が難しければ近隣諸国へ

ソープが難しければ、デリヘルでうまいこと立ち回り、本番を狙うのも良いですが、できない場合は外国人とセックスができません。となれば一番簡単なのはやはり「外国で風俗・夜遊びを楽しむ」という選択肢です。

外国というと海外旅行に行ったことのない人にとっては面倒とか難しいと感じてしまうかもしれませんが、同じアジアの香港やマカオであれば飛行機で2~3時間、安いときであれば飛行機代も往復4万弱で行ける上、ホテルも3泊でも1万円代と格安です。高級ソープに行くお金があるなら香港・マカオに行けてしまうわけです。しかも現地では1万弱~1万強でとんでもない美女と遊べます。

非日常が味わえるので一度は行ってみることをおすすめします。

外国(海外)の性風俗事情

さて、本題です。

海外の風俗は本番ありが前提のセックスを含めた行為がサービスの中に含まれており、売春自体が適法なのでセックスの対価としてお金を支払ってもそこに違法性はありません。

例えば、前述した香港やマカオなどでは数千円~1万円前後でアジア系美女やロシア美女と本番行為を楽しむことができます。

香港ではピンポンマンション(日本でいう箱ヘルの本番あり版)、マカオではサウナが有名です。

ピンポンマンションは日本でいう「飛田新地」のようなもので、呼び鈴(ピンポン)を押すと下着姿の女性が現れ(部屋から出てくる)、気に入ったら部屋に入るスタイルです。全室ピンポンするつもりで臨みましょう。ただし女性は早い者勝ちなので決断はお早めに。

マカオのサウナでは一定時間毎にショーが行われ、下着の女性が現れ、曲に合わせて服を脱いでいきます。その後、一斉に女性が現れ、その中から好きな女性を選び指名し、個室にて本番行為を楽しむことができます。

サウナは飲食も料金に含まれており、タダメシが食べられ、前立腺を含むマッサージも受けられます。

日本人に人気のロシア系美女は少し高め(800香港ドル前後)に設定されていますがそれでも1万円前後の料金で本番行為が楽しめます。サウナのロシア人は美人な上、本当に神対応で最高ですよ。日本の芸能人を超えてます。

未経験の方にとっては本当に価値観が変わると思うのでおすすめです。

外国人美女
決して大げさではなく、このレベルのロシア人を複数人の中から選べます。それ以外のアジア系モデル美女も総じてレベルが高く、日本のデリヘルできたら当たりレベルの子ばかりです。
アジア美女(イメージ)
要は整形顔ということです・・・

アジア人に至っては顔も体も整形されていますが(たぶん・・・というより確実に)、セックスを楽しむ分には整形とか本当にどうでもいいです。

・・・今年(2016年)は現時点ですでに2回行っており、もう一度行く計画を立てています。

その他

その他アジア圏ではタイ、ヨーロッパではドイツやオランダが売春が合法化されています。ブラジルも風俗産業が盛んです。シンガポールは合法ではないもののゲイラン地区は政府公認で性風俗が楽しめます。アメリカでは性風俗の営業は認められていません。

ドイツ FKK・エロスセンター
オランダ 飾り窓
ブラジル ボアッチ
タイ ゴーゴーバー・マッサージパーラー
シンガポール 置屋

ドイツやオランダでも1万円前後で女の子とのプレイが可能ですが、旅費や言語的なことを考えるとアジア諸国が手軽です。私事ではありますがいつかはヨーロッパの性風俗に出向いてみたいとは思っています。

マカオは方法によっては旅費をチャラにできるかも・・・

これは完全におまけ情報であまりおすすめの計画とは言えませんが、香港やマカオに行くお金がない!という人でもマカオにはカジノがあります。

カジノで勝てば旅費をチャラにすることだってできます。カジノは24時間やっているのでいつでも入れます。サウナで女の子を堪能した後に一勝負してみるのもおすすめです。

と、これは半分冗談ですが、カジノのブラックジャックなどはあまり無理をしなければ大負けすることもないですし、少ない投資で増えるようなことがあれば最後にオールインして大金を狙ってみるのも楽しいものです。

性風俗にカジノ、マカオは非常に楽しい男にとっては楽園のようなところなのでぜひ行ってみることをおすすめします。一度行けばハマること間違いなしです。

このページの先頭へ