出会い系で連絡先交換を成功させるコツ!聞き出し方とタイミング

  • 聞き出し方よりタイミングが重要
  • 具体的な聞き出し方・フレーズ
  • セフレ作りなら制約を作って割り切る

出会い系サイト内で女性にメールを送り、ある程度関係が築けたら、サイト外で直接連絡を取り合える連絡先(メールアドレスやLINEなど)を聞き出すステップに入ります。

もちろんサイト内のメールだけで会うこともできますが、いつまでもダラダラと続けているとその分お金がかかってしまいます。ある程度のところで見切りを付けて、なるべく早めに連絡先を聞き出すように動いていくのが「素早く会う」「お金を節約する」意味でもおすすめです。

ここでは・・・

  • どうやって連絡先を聞き出すのか?
  • どうやったらうまく聞き出せるのか?
  • どんなタイミングで聞くのか?
  • 何通目くらいに聞くべきなのか?

など、連絡先を聞き出すときに悩みがちなポイントを解決するコツ(注意点・タイミング・具体的なメールサンプルなど)を紹介していくので参考にしてください。

重要なのは聞き出し方よりタイミング

出会い系でプライベートな連絡先を聞き出す上で重要なのは聞き方よりもタイミングです。逆に言ってしまえば、事前に関係さえ築けていればどんな聞き方をしても、どんな理由であっても、すんなり教えてくれることが多いです。

タイミングと言っても「何通目」という具体的なタイミングではなく「聞き出せる雰囲気ができたタイミング」で聞くことが重要です。

そのため、聞き出し方を考える前に、まずは聞き出しやすい関係や雰囲気を作ることが重要になります。

基本的には

  1. 信頼関係を築いて聞く
  2. 盛り上げてノリで聞く

このどちらかですね。

1.信頼関係を築いてから聞く

メール(メッセージ)を一通一通丁寧に返して、ゆっくりと焦らずに関係を築いてから聞く方法です。時間はかかりますが信頼関係さえ築くことができれば高確率で連絡先を聞き出すことができます。

2.盛り上げてノリで聞く

話のネタで盛り上がり、一段落ついたところで聞く方法です。話が盛り上がっているということはお互いに楽しんでいるわけです。こういうときというのは印象も上がり、ガードも下がっているので、話が盛り上がっている時に流れで聞いてしまうと結構断られにくく、とんとん拍子で話が進みます。

会話・メールなどトークが苦手な場合
会話・メールなどトークが苦手な場合は「会話を弾ませるコツ」で会話ネタを増やしたり、会話のキャッチボールのコツを磨いておきましょう。

連絡先(直アドやLINE)ゲットの成功を左右するのは「信頼関係」「ノリ」です。丁寧に信頼関係を築いてから聞くか、話が盛り上がってガードが下がっているところを一気に攻めるかです。

信頼関係と言っても数通のメールで強固な関係が作れるわけもないので、何度かメールする中で「この人ともう少し話(メール)がしたい」もっと言えば「他の人よりもいいな(マシだな)」と思わせることができればOKです。

出会い系って変なヤツ多いみたいですからね「お前が言うな」ですが。

会う直前に聞くのってどうなの?
「会うことが決まった後」というのは相手がサクラでもない限りほぼ100%連絡先を聞き出せる鉄板のタイミングです。しかし、そこまで持っていくのには時間もかかるし、お金もかかります。

お金に余裕がある人やお金や時間をかけてでも確実にものにしたい人にはいいですが、どちらかと言うとセフレ作りにはリスキーなのでやめた方がいいと思います。「ダメだったら次へ」くらいの軽い気持ちで進めるのがおすすめです。

聞き出すタイミングを後ろにズラせばズラした分だけ聞き出しやすくなりますが、その分教えてもらえなかったときのダメージも大きくなるので注意が必要です。

聞き出すタイミングに自信がもてないときは・・・

「今、自分が連絡先を聞かれたら教えるか?」

自分に置き換えて考えてみましょう。

そう考えたときに「いや、怪しいだろ」「この流れでは絶対に教えないな」と思うなら止めればいいんです。客観的に見て可能性があるかを判断してみると適切なタイミングなのかどうかが見えてくるものです。

【サンプル付】具体的な連絡先の聞き出し方

それでは、具体的にどんなメッセージを送って女性のプライベートな連絡先をゲットするのか、メールサンプルと一緒に紹介します。先にもお伝えした通り、関係が築けているかいないかで同じメールでも成功率は全く変わってくることは理解しておいてください。

1.普通に聞く

(よかったら)連絡先交換しませんか?

連絡先は具体的に「メアド(メールアドレス)」や「LINE(ライン)」「カカオ(カカオトーク」でもOKです。タイミングさえ間違わなければストレートに聞いてしまえばOKです。

2.理由を付けて聞く

もっと色々話したいからよかったらラインしませんか?
サイト経由だとログイン大変だからラインしませんか?
サイト内のメールは確認が不便だから(遅くなるから)直接携帯でメールしませんか?
もっと気軽にメール送りたいからラインしませんか?

理由はないよりあった方がいいです。有名な話ですがコンビニでコピー機の順番を譲ってほしいときに「先に使わせてください」よりも「急いでいるので先に使わせてください」の方が圧倒的に譲ってくれる確率が上がるというわけです。

要は「理由がある方が相手も教えやすい」ということです。そのため、適当な理由を付けて聞き出します。話が盛り上がっているのであれば「もっと話がしたい」「楽しかったから」などの理由がベストですね。

3.ポイントをダシにして聞く

ポイント無くなりそうだからラインしませんか?
男はメール送るのにお金かかるんだ。もっと話したいからよければラインしませんか?

できるだけポイント2の「理由を付けて聞く」をベースに聞き出していくのがおすすめですが、一つの方法として「(出会い系サイトの)ポイント」をダシに使うのもあり。

中には男性がメールを送るのにポイントを使っていること(ポイントが必要なこと)を知らない女性もいるので「え?そうなの?」という感じで盛り上がることもあります。

ただし、ケチ臭い印象を与えてしまうこともあるので奥の手として用意しておき、できるだけ使わない方がいいと思います。と言いつつこれ結構効果的なんですけどね。

おまけ1:話の切り出し方

話の流れで自然に聞き出せるのが一番ですが、なかなかタイミングが掴みづらいときは「ところで」という接続詞をうまく使うことで話のすり替えがスムーズにできます。

ところで、もし〇〇さんが良ければラインしませんか?

こんな感じで話題を変えてみるといいですね。理由は上で紹介したように「楽しかったから」「もっと話がしたいから」でOKです。

おまけ2:保険をかける

サブアドとかパソコンのメールでもいいですよ。
カカオでもいいですよ。

交換を促した後にこういったフレーズを付けておくのもいいですね。ラインはプライベート用で使いたいという女性も多いので別の連絡手段を提案することで相手も教えやすくなります。

参考:カカオトークは出会い系必須アプリ!LINEだけでなくカカオも必要な理由

聞き出し方は色々ありますが、基本的にはこんなイメージで、その都度話の流れや雰囲気(タイミング)にあったものをアレンジを加えながら使ってみるといいでしょう。

これくらいのパターンを用意しておき、話の流れでうまく使い分ければ連絡先交換は簡単です。

おまけ3:メールアドレスは基本的に男から提示する

連絡先を聞いたら、基本的には「男の方から教える」が鉄則です。
聞いたら次のメールでポンッと連絡先を教えてくれる子も中にはいますが、基本的には不安に思っている子が多いのでできるだけ男性から提示するべきです。

メールを送った直後に、

俺のラインこれだから連絡頂戴

と送るのもいいです。

または、

交換しない?俺から教えるからさ

と自分が先に教える意志を伝えると女性も少し安心できます。

目的がセフレ作りなら割り切って攻めることも大切

会話の流れや盛り上がり具合によってもタイミングは変わってくるので「◯通目に聞く」と具体的に決めるのは難しいですが、セフレ作りは彼女作りとは違います。割り切って話を進めるのも大切なので、だいたいの目安として「速攻で行くなら5通目」まで、「時間をかける場合でも8通目〜10通目」までには聞き出すことを一つの目標にするといいと思います。

例えば、

  • 5通目にどんな流れでも絶対に聞く
  • ダメ元でも8通目までに聞く

など制約を決めて取りかかるのもいいですね。「やらなければダメ」と自分ルールを決めてしまい、それに従っているだけと思えば意外と臆さずきっかけを作れるものです。

「もう話すこともないなぁ」「難しそうだし切ろうかなぁ」と思ったときはどうせならダメ元で一回聞いてみることです。運が良ければ教えてもらえるのでそのまま放流してしまうよりは余程マシです。

「何通目までに聞き出す」という目標を設定しつつ、後は数をこなして自分の黄金パターンを作り出すといいでしょう。

まとめ

連絡先を聞き出すために大切なのは聞き方というよりもタイミング(二人の関係やその場のノリ)です。それを踏まえた上で上でも紹介した具体的なメールサンプルを参考にしてみてください。

別に彼女を作ろうとしているわけではないのであまり一人に時間をかけるのは効率が悪いです。ある程度割り切って、何通かメールをしたら連絡先を聞いてみるなど条件を付けて望むようにするといいでしょう。

セフレ作りのコツは一人にこだわらず、とにかくアプローチをかけていくところにあります。まずは数を打つことです。そのため、一人にこだわり過ぎず、セフレにしやすい女やとりあえず会えそうな女をひたすらターゲットにしていくのも大切です。

このページの先頭へ